便秘を楽に出す方法

便秘薬の分類

便秘は@弛緩性便秘、A痙攣性便秘、B直腸性便秘の3タイプに分類され、タイプにより薬剤を使い分ける必要があります。
薬を使った治療では、主に便の排泄を促す下剤を使います。
下剤は便秘の治療以外にも、有害物質を摂取したとき、食中毒のとき有害な便を排出するためにも使います。
さらに、レントゲン検査や内視鏡検査(大腸ファイバー)の前処置として腸の中を綺麗にする目的にも使います。

便を出すには3つの方法があります

  1. 腸管内に水分を与えて腸内容物を液状にして排泄しやすい状態にすることが重要。
    さらに腸内容を増大させて腸管に刺激を与えて蠕動運動を促進し、便が出るように促します。
  2. 便を浸潤、軟化させて腸内容を粘滑にすることで排便しやすくします。
  3. 腸の善導運動、特に結腸の大蠕動が起こる必要があります。

楽に出すには自分がどのタイプか知り、タイプにあったお薬や方法を選ぶことにあります。

機械的下剤

刺激性下剤

自律神経作用薬

その他(座薬,浣腸,漢方,ビタミン,ガス駆除